蜂飼耳「空席日誌」

 ああ蜂飼さんの本だなと思ったのは装丁が凝っていてあとページの中の文字の並び方とかも考えられていて、そこになにか詩人らしさが感じられる。
 見開き2ページの散文(エッセイとは呼びたくない)と空席と題された3篇の小説。不思議な事に小説を読んでいる時の方が詩を読んでいるように感じてしまった。どれもちょっとめまいがするような不思議な感じ。散文で物凄く好きなのは「地動説」。時々堀江敏幸さんや武田百合子さんの文章を思い出した。

空席日誌

空席日誌