夏とカレー

 本日もクタクタのヨレヨレ。仕事帰りにふらふらと本屋による。文庫本5冊。

 ナボコフナボコフロシア文学講義 上下」
 多和田葉子「尼僧とキューピッドの弓」
 中島敦「季陵 山月記
 堺雅人「文」

 それとポパイを買ってしまう。特集が「カレーと本」だったので。カレーと本かあ・・・カレーと珈琲って特集は見たことあるけれど。何か何故カレーと本なのかはよくわからないけどなかなか面白かった。特にカレー、色んなお店に行ってみたくなる。でもそんなに辛いの得意じゃないし、ひとりで見知らぬ店には入りにくいから誰かつきあってください。カレー番長やマサラワーラーも載っていた。あのカレーイベントまた行きたいな。

 夏はカレーが食べたくなる。しかし時間をかけてルーを使わず作ると言うのは自分には出来ない。でも何種類か定番カレーがあって思い浮かべると食べたくなってしまう。枝元さんレシピのエビと野菜のチーズカレーとかケンタロウさんレシピのタケノコが入ったドライカレーとか。あと市販のシーフードカレールーを使ったシーフードカレーとか。