カラスの会談

関東甲信越地方が梅雨明けしたらしいんですか、ホント?と思う。1日厚い雲がのし掛かるように空を覆っていて雨は降らないんだけど湿度はハンパない感じ。そして生暖かい熱風が…
も、もうこれだけで体調がなんだか悪い。今日は頭が痛いし、水の飲みすぎで胃も痛い、あらためて夏への恐怖を感じてしまう。

今朝は早く起きていらない衣類をごそっと回収にだした。もう着ないってわかっていてもしみじみ見つめちゃうと心がキュッとなる。いったい何キロあるんだってダッフルコートも捨てるのが悲しい。
しみじみ見つめないで機械的にパッと捨てなくちゃ。 まだまだ大量の衣類がある。次回も頑張ろう。

夕方はコンタクトレンズの更新に行き帰りにフラフラとブックオフに行ってしまった…。
掘り出し物は「オスカー・ワオの短く凄まじい人生」。これが105円だった!あとは文庫本。
大竹伸朗「カスバの男」
橋本治「暗野」
丸谷才一「猫のつもりが虎」
谷崎潤一郎「刺青・秘密」
三島由紀夫「春の雪」
ヘミングウェイ全短編1」
三島由紀夫、全然好きではないけど豊饒の海は読もうと思って…


家に帰ってきてふと向かいの家の屋根を見たらカラスが集まって会議していた。このへんを縄張りにしているカラス達だ。何を相談しているんだろう。