遠征の日々

 5月の頭からグレイプバインのツアーが始まりところどころ(いや、かなりの数)遠征に出かけていて思考の中心がもうその事ばかりになっているので普通じゃない状態がつづいている。6月28日が最終日のゼップ東京なのでそこまでふわふわとした状態が続くのであろう。かなりあれこれ行きたいライブもあったけれどかぶってて、もうこれは突き進んでいくしかないんである(おおげさだなあ・・・・)

 今回のアルバムが西川さんプロデュース的作品なためもあってか今回のツアー、初日のAXからとにかく西川さんのギターが凄くて、なんというかもう魅せられっぱなしなのだ。やっと近くで見れた地元の長野も良かったんだけどなんといっても凄かったのは盛岡だった。バインのライブでこんなにキャーキャー言ってジャンプまでしてしかもライブ後の放心状態っぷりは・・・・しかも2、3日まるで廃人のような現実生活に戻れないくらいのライブだった。なんと言うか・・・刀で切られまくるような(笑)ギターだった。

 そして昨日一昨日の福岡、広島。なんだ、この胸いっぱいの幸福感は!もちろん中盤はくーっと締め付けられるような圧倒されるような気持ちだったけれど最後終わってみればじーんと熱に包まれるような感じ。しみじみ西川さんのギターが好きだ。
 今回は毎回毎回セットリストが違うんだけど本当に1本1本が違うと言う印象。今までのツアーはセットが2パターンくらいあって、でも次の曲が予想できたりして回を重ねていくうちにどんどん濃く変化していくのを感じるのが好きだったけれど今回のツアーでは毎回の変化球をこちらもどうやって受け止めてやろうかという楽しみがある。気が抜けない。

 ツアーもあと残り3本になってしまってじわじわと寂しさみたいなものが広がりつつあるけれどそっちに気をとられている場合じゃないよな。

 それにしてもこんなあちこち行きながら一切観光というものを今回はしてないなあ・・・もったいない・・・・。でもその代わりあちこちでおいしい食べ物とおいしいお酒を飲んでいる。