尾崎俊介「S先生のこと」

 本屋さんで何回か手に取り迷っていたけれど購入。装丁にも惹かれた。オコナーなどの翻訳でも知られる須山静夫を師とする尾崎氏が綴った先生への思いがどのページにもあふれている。須山先生自身が抱えていた悲しみや喪失感、だからこその厳しさ。深いかかわりがあった作者だからこそ描けることが出来たのだろう。
 自分にはそんな風に仰ぐ師と呼べる存在がないので少し羨ましくなってしまった。

 

S先生のこと

S先生のこと