小川洋子「人質の朗読会」

小川洋子さんの小説には静けさがあって、今回も読み始めた途端にその静かな世界に引き込まれた。エロティックなものまでしんとしていて冷たく美しく輝いているけれど今回エロティックなものは少なかったかな。週刊ブックレビューで取り上げられた時に人によってお気に入りの話が違ってて面白かった。自分は「やまびこビスケット」が好きだ。 果たして自分が同じ状況になった時にこんな風に語れる話があるのかなとちょっと考えてしまった。

人質の朗読会

人質の朗読会