夏のおわりのト短調

暑い、朝仕事場にいく8時過ぎにはすでに太陽がはりきっていてがんがん熱波を投げつけられてしまう。

いったん涼しくなっておさまっていた首の汗もが復活しそう。

帰りに本屋によってCREAを購入、読書特集。
どうしても紹介してる人が役者さんなどの芸能人が多くてちょっとなーと思う。でも表名作&裏名作は面白かったし、文藝新聞なるものも面白かった。

家の本棚をぼんやりとみていたら大島弓子の「夏のおわりのト短調」を見つけたのでひっぱりだして読む。ああそうだこういう話だった。

夜はサッカーを見る。強い。スカッとした気持ちのまま眠る。