C嬢と一緒に朝一のバスで長野に帰宅。C嬢は明日長野でライブ、あさっては名古屋に移動してライブ(やるほう)
 バスからおりたらとても涼しくて風が爽やかで嬉しくなってしまった。国分寺宿は風が通らず部屋中に熱がこもってる感じで暑くてたまらなかった。さすがにまだクーラーはつけたくないと頑張っていたけれど暑くて眠れなかった。外はそんなにでもなかったのに。

 また1週間のはじまり。仕事のことを考えると憂鬱になってしまうが楽しかった週末の2本のライブの事を思い出して頑張ろうと思った。

 帰りにまたふらふらと蔦谷に寄ってしまう。
購入本
丸谷才一対談集「文学ときどき酒」
銀色夏生「相似と選択」
坪内祐三慶応三年生まれ七人の旋毛曲り
yomyom

yomyomひさびさに買ってしまった。堀江敏幸の短編が載っていたので。堀江さんの名前があるとついよろよろしてしまう。