人間

朝、早めに家を出てガソリンを入れにいった。昨日相方さんからガソリンスタンド凄い混んでて入れる量とか規制してたよと聞いたので。自分の車のガソリンの量が少なくなってきててそろそろ入れなきゃなと思ってたので焦ってしまった。あと2日くらい通勤に使ったら危ないかなと言う量。
仕事先に向かうスタンドで4件くらい、売るものがないとの事で閉店している店があり、なんとか開いてたスタンドで順番を待って入れることが出来た。

ギリギリまで補充しない自分がバカなのだろうか?もちろん被災地へ優先的にガソリンを供給するのは正しいと思うんだけどそれを考えて今入れておかなきゃとスタンドに殺到する人達…。仕事場からも常に余裕があるようにガソリン入れとけとの指示まで。たしかに車を使えないと言うことはこの辺の田舎では通勤が出来なくなると言うこと。だから必死になる人の気持ちもわかるけど(自分だって少なくなってなくても満タンにしておこうと多分したのだろうし)

それから仕事に向かう。仕事先はスーパーの中にあるお店なのでスーパーにくるお客さんの様子がよくわかるんだけど、今日は開店前からけっこうな人が並んでいて開店とともに店内に駆け込んでいった。特にビックリしたのはトイレットペーパーや、ティッシュを山程買ってる人が多かった事だ。そして夕方夕食の買い物に行ったらカップ麺やお米や棚がガランとしていた。
なんだか…凄く嫌だな恐いなと思ってしまった。こんな時だから日常品をストックしておかなきゃと言う気持ちはわかるのだ。わかるのだけどこんな時だからこそ皆で我慢して大量に買い占めるようなことを我慢できないんだろうか…。
こういう人達がきっと音楽や、笑いや、映画や今そういう物を楽しむ人達に何故自粛しないんだと避難するんだろうなと思ってしまった。

東京の方では今日から計画停電が始まるとの事で電車もかなり制限されてしまったみたいだ。国分寺のS嬢から電車に乗る人の列が商店街まで延々延びているとメールが来た。それでも皆だまって我慢して列を並んでいる。働かなきゃならないから。テレビで並んでいるおじさんにインタビューしていた。被災された方の事を考えれば並ぶ事くらい我慢できますと言われていた。
皆で家庭で企業で少しずつ節電してなんとか電車だけでも動かすことが出来ないものだろうか。働くための足なのだから。皆が普通に働く事が早く日常を取り戻す事になるんじゃないのかな。

今日は人間の素晴らしさと嫌らしさと両方感じた日だった。


JOJOさんの日記


http://noise.livedoor.biz/archives/51369253.html

色々考えながらも今まで通りに日常を送りたい。何気ない日常こそが素晴らしいし力を与えてくれると思うから。日常の中には音楽だって入っている。


今日、仙台の友達が直接無事とのメールをくれた。メールを見たら泣けてしまった。大変な時にメールを送ってくれた。
また彼女とあの人のライブに行ってふたりでワクワクしたい。早くその時がかなえられるのを願ってます。