『かえうた絶唱ライブ』山本精一&the change your minds/久土'N'茶谷/三上寛@下北沢THREE

 昨日いったん長野に帰り今日は午前中ベルの新年会に出てから新幹線で上京。
新年会、有名シェフの作ったフランス料理、コンクールに実際にだした創作料理みたいだったけど、よくわからなかった(笑)やっぱり舌が庶民ですねえ。

 今日は今年初の山本さんライブ。かえうたと表明しているのでいつぞやみたいに替え歌連発で戸惑ったりはしないし反対にどんな替え歌聞かせてもらえるんだろうと楽しみにしていた。 でもあんまりここでは書けない様な危ない替え歌が(笑)しかしこうきたか〜と思わせる歌詞でした、うまいなあ。大好きなB1のシャケも聴けたし後半は替え歌でなくて「飛ぶ人」や「夢の半周」もやってくれた。そして本当はやらないつもりやったけどと「まさおの夢」。ほんまに意地悪でしょう、久土'N'茶谷のと聞き比べてくださいと(笑)
 山本さんが最後だとばかり思っていたのでびっくり。演奏自体は今日見た3組のなかで一番すっきりとあっさりと(笑)していたような気がします。最後にやってくれた堺正章のカバーがとんでもなくよかった。

 2組目は久土'N'茶谷。この間のワンマンからますますパワーアップしていた。茶谷さんの近くで見てたんだけど痺れちゃったなあ。ぐんぐんと体の底からこみ上げてくるものがあってかつワクワクともしたし、しみじみかっこいいなあと思った。カバー曲が中心なんだけどもうすべてが久土'N'茶谷の世界になっていて独特の色がある。山本さんから挑戦された「まさおの夢」(笑)ですが久土'N'茶谷「まさおの夢」も本当に素晴らしい。あのイントロの部分が凄く好き!いやあ・・・・なんか本当に凄まじく凄いことになってるなあと思ってしまった。また近いうちに是非に見たい!このすぱっとしたかっこよさ!

 トリは三上寛さん。こちらも凄い世界だった。そして圧倒されてしまった。詞の世界が凄かった、マイケルジャクソンとか鎌が二本とか…え、こんなことをとちょっと驚いた歌詞もあった。文字になったものをじっくりと読んでみたい気がする。凄い時間だったなあ…ずっと直立不動で立って三上さんをがん見していた。終わった後身体がぐったりとした。 友達が皆カクカクとなってて可笑しかった。終わったら11時近くて皆でぐったりと這うようにして駅まで歩いた。
 三上さんが発していたもの、体の中のどこかに居座っているような気がする。なにかの時にそこが力になってくれるような気がする。

 今日も素晴らしいイベントだった。この間の工藤さんと豊田さんのライブも良かったし、いいライブは自分のものとなって自分の中で変化するだろう。