サッカー観戦

アジアカップの対韓国戦を見る。いやあ・・・・集中して見すぎて試合が終わったらヘトヘトのクラクラになってしまいました。延長戦あそこで追いつかれるとは・・・・あの時点でああ〜やっぱり韓国に勝てないのかななんて思ってしまった。けれど川島、素晴らしいファイトだった。当たり前だけど勝利への念があの時点で日本の方が熱かった気がする。
 ネガティブ人間なのでついつい思考が負の方向へ流れがちになってしまうけれど結果がどうであれそこへ向かっていく熱い気持ちがなくてはと思わせられた。(しかし選手って勝たなくては意味がないって言いますよね)勝負の世界に生きる人って熱さと冷静さとを両方兼ね備えているなあと思った。積み重ねてきた試練のなかで養われるものなんだろう。