北村薫 宮部みゆき編「とっておき名短編」

 蜂飼耳さんの「ほたるいかに触る」と川上弘美さんの「運命の恋人」がとても良かった。2編とも多分載っている本は持っていて読んでいるはずなのに思い出せない。とくに「運命の恋人」は読んでいてうっとりとしてしまった。このアンソロジーに入ってる状態で読んだ事でより1編1編が輝いているような気がする。ひとつの大事な宝物のように。

 深沢七郎はやっぱり凄いな。じっくり集中してまた読みたくなった。

とっておき名短篇 (ちくま文庫)

とっておき名短篇 (ちくま文庫)