北村薫・宮部みゆき編「名短編ほりだしもの」

 既刊されてるお二人にの選による「名短編、ここにあり」と「名短編、さらにあり」というちくま文庫のアンソロジーがとても素晴らしくて今回のこちらもとても楽しみにしていた。でもその2冊と比べると今回はそんなに直接にがんとこなかったかもしれない。今回でた2冊はちょっと玄人むけな印象がした。すごい渋いと思った。「剃刀日記」よりとか。多分中村正常さんの短編がちょっと苦手な感じだからだろうか。でも内田百輭「亀鳴くや」とか織田作之助の短編はいいなあ。あと始めて読んだ伊藤人よ「穴の底」も良かったし、久野豊彦「虎に化ける」にまた頭のなかをぐるぐるかきまぜられた。

名短篇ほりだしもの (ちくま文庫)

名短篇ほりだしもの (ちくま文庫)