MO'SOME TONEBENDER @渋谷タワーレコードインストアライブ

 休日、モーサムのインストアライブを見に渋谷へ。今日は宇都宮とか池袋とか他に見たいライブもあったけれど明日は朝一で仕事なので日帰りしなくてはならなかったし、そうでなくても今日のインストアライブは見ようと決めていた。自分がモーサムのライブを見るとしたら今年はこの日しかなかったのと、アルバムを出してのバンドの状態がどんななのだろうと思ったから。

 渋谷と友達と待ち合わせてライブの前に友達とお茶。ファクトリーの事や藤井よしえさん追悼ライブのことなど聞く。よしえさんの追悼ライブには行きたかった。見たいアーテイストがたくさん出ていた。しかし仕事のこともあったけれど一番行かなかった理由は藤井よしえさんという人のことをまったく知らなかったからだ。知らない自分が見たいアーテイストを見るだけのために行くのに躊躇した。でも主催側のどなたかが「藤井よしえを知ってる人も知らない人も皆で騒ごうぜ」と書いているのを見て、ああ、そういうことなんだなと思った。ちょっと行かなかった事を後悔。
 隣に座ったカップルがカウントダウンジャパンのタイムテーブルを広げていてどういう風に回ろうかと相談していた、一番のお目当てはアジカンらしい。

 タワーレコードでインストアライブを見るのは久しぶり。昔整理券貰うのに朝並び夕方見たことがあったなあ。シロップとやった時だったっけ?
 ステージにセッテイングされてる機材をみてああ、もうイサムさんはドラムを叩かないんだと思った。アンプの横にとても高くシンバルがセッテイングされてるだけだ。ステージにメンバーが登場して百々さんはなんと懐かしい赤のジャマイカTシャツだった。今日はとにかくじっくりと見ようと思った。

 新譜を聞いてみての最初の自分の印象は混沌としているなあという印象だった。でもこれはバンドの今の音がそのまま出ているアルバムだと思った。何かによって色づけされたり、きれいにほどこされたりしていない音。アルバムを聞いてみてあらためてかっこいいなと思う曲もあった。それから色々とインタビューを読んだりして思うこともあった。もがいているそのままのステージを見て欲しいというような言葉があったと思う。それなら、そのステージをこちらもまっすぐ見ようと思った。

 それで今日のライブがどうだったかというとちょっと物足りなさはあった。短かったと言うのもあるけれど最大の自分の不満は旧曲のアレンジによるものだった。イサムさんの音がもうどうしても嫌で嫌でしかたがなかった(すみません)バンドそのもの自体が形態を変えているのだし、音が変わるのは当然であるけれど「未来は今 」はやはり悲しかった。百々さんの言葉をかりれば全然ついて行けてない客だ。でもどうしようも出来ない。
 できれば新譜の曲だけでまとめて欲しかったな。ドーンとやって突き放すようにかえって欲しかった。そうしてもらえたら満足だったと思う。もう一点の不満は百々さんのギターの音が小さくてあまり聞こえなかった事。と言うかイサムさんの音が大きかった・・・・。
 や、もう色々言うのはやめよう。水野さんのドラムはとても素晴らしかった!引き込まれてしまう。そして百々さんの真摯さもとても伝わってきた。怪我のこともあって多分とてもしんどいと思うのだけれど・・・・・だからこそもっとギターの音を!

 年明けのツアーがどんな風になるのかはわからない。自分がいけるのは多分恵比寿だけ。その時にどんな風に感じるだろう。圧倒的な迫力で打ちのめされたい。

 帰りに居酒屋さんで一杯。自分は車を運転するので飲めなかったんだけどちょい酔っ払いさんの話が面白くて面白くていっぱい笑ってしまった。新幹線を降りて車を運転していたら雪が降り出した。どんどんどんどん雪がぶつかってきた。