穂高さん

 朝、バスに乗って帰る。国分寺を出るときは6時を過ぎててもまだ暗かった。今日は月蝕を見れるらしいと知るが夕方らしく、その時間は仕事なので見れないなあと残念に思う。しかし午後からは雨が降り出してしまった、残念。でも雪にならなくて良かったなと思い帰宅した。晩御飯、茄子のひき肉詰めのてんぷら・ホウレン草の黒すりゴマあえ・アジの開き・大根と白菜の卵スープ。

 今日は昨日のハセケンさんのライブの余韻がまだ残っててとても落ち着いて静かな気持ちでバスに乗って帰ってきた。昨夜のあの静かな夜の空気がまだ自分の周りに残っているようだった。2、3日前までの荒々しい気分とまったく別の気分。だけれども両方ともの感情のなかに自分が存在している。
 バスの中でミランダ・ジュライの短編を読んで少しぼんやりする。ただただ単純に色んな人で世の中は埋め尽くされている。

 JOJOさんの日記で来年穂高亜希子さんおCDが出ることを知る。とても楽しみだ。穂高さんの日記がとても素晴らしくて言葉が美しくて、時間の流れがゆっくりで時間をとても大事にすごしているなあと思った。色んな事に、自分の中に、自分の感情に思いをはせる時間。
 自分は毎日を流してしまっているんじゃないだろうかとハッとした。まるで映像を早送りするように・・・・・。生活ももう少しきちんとしなければいけない。