料理本

 一日仕事。お給料も出たことだし、ブルータスでも買って帰ろうと思って本屋に寄る。家に一番近い本屋。ブルータス、今号は特集が映画監督でマツケンも乗ってる風なので欲しかったのに置いてなかった・・・・。新潮買おうかなと思ったら置いてなかった・・・・・。やっぱり何にもないなあと思ってウロウロする。それで暮らしの手帖別冊「暮らしの手帖の評判料理」という本を買って帰ってきた。 最近料理本を買うのを我慢していた。山ほど料理本もあって何だかなあと思ったし、持ってる料理本に載ってるレシピをあれこれ作って自分家にあうものを定番料理にしたいなあという思いもあって。
 でも新しい料理の本を見てると楽しくなるしワクワクする。なんだか気持ちがすっとしない時に料理の本を見るのはかなりよいと思う。作り方を読むのも好きだ。で、「暮らしの手帖の評判料理」にのってるレシピはけっこう丁寧に時間をかけなくてはならないかなという料理が多くて仕事のある日にはちょっと向いてないかもしれない。休日にじっくり作りたい感じ。

 さて今日の晩御飯は ゴボウとシイタケのがんもどき 白菜と鮭のミルフィーユ蒸し じゃこと大根と水菜のサラダ
 ふたりでさんま御殿、ロンドンハーツ見ながら食べる。私服ダサダサ芸人、優勝は予想通りフットボールアワーの後藤だった(笑)