Parabolica Jam 104@渋谷クアトロ

「Parabolica Jam 104」なるイベントを見に渋谷へ。お目当てはルー様(Lou BarlowLou Barlow 大好きでダイナソーの時も殆どLou Barlowしか見ていなかったりする。そしてソロで来日となればもう行かないわけには行かない。しかしLou Barlow 以外の出演者をまったく知らないで見に来たので緊張感半端なし。

 隣に来た男子とちょこっと話したんだけど物凄く洋楽に詳しくて洋楽ライブも行きまくってる感じで太刀打ちできなかった(汗)それでいったいいくつなんだろうと聞いてみたら25歳だった・・・・・若い・・・・・。でも彼と話してたおかげで緊張感が薄れました。あと洋楽ライブでちょこっと知り合いになった方がなんと写真を撮っててびっくりした。

 まずはこのイベントの主催バンドでもある日本のバンドの LITE 。もしかしてみた事あるのかなあ・・・でも記憶があいまい。ベースの人が凄かった、ぶんぶん言ってたベースが。でもきちっとした美しさがあった。

 次に Adebisi Shank 。メンバーがステージに登場してすぐに私の横をかき分けてステージに登る怪しい人が。真っ赤なずきん見たいのをかぶっててその人はベースだった。そのベースの人とギターの人が凄い勢いでステージ上を動き回る。ギターの人の馬鹿テクな感じも面白かったな。

 そしていよいよお待ちかねのルー様の登場。ドラムとギターがthe missingmen ?のおふたり。ルー様はギターを弾いていた。けっこうラフな感じのギターで歌もふわっとした感じで本音を言うとちょっぴり拍子ぬけした部分も(汗)Lou Barlow って変わった人なのかなあなんてちょっと思ってみたり。聞き込んだ「goodnight unknown」から何曲かやってくれたのでそれはうれしかったんだけど。でもあのラフか感じが味があってよいのかもとか思ったり。途中ベースに持ち替えて弾いた曲はやっぱりパキッとしてたような気がする。そして最後ひとりで歌った曲がやはり素敵だった。ひとりで弾き語りというのもいいんじゃないのかなと思った。それをもう少し聞きたかったな。

 最後はmike watt + the missingmen 。LITEの人が30曲くらいやりますって言ってたけど本当にそのくらいやったんじゃないかな。ノンストップで次から次へ出てくる宝箱のようだった。とにかくかっよいったらなかった!ぎゃっと攻める曲も、ぼわ〜んと緩い曲もすべて渋くてかっこよかった!なんか膝を痛めてられるみ隊で「ひざよわい」とMCで言われていたけれど、そんなことを感じさせない迫力のあるライブ。(帰りは杖をつかれてましたが)

 最後は本日のメンバー全員でイギーの「Fun House」をセッション。ここでもルー様の変な人ぶりが出てたような・・・・やっぱり自分、変な人が好きみたい(笑)
 凄く濃厚でよいイベントだった〜しかし終わった後どっと疲れがやってきた。フラフラしながら国分寺へ帰りました。

mike watt + the missingmen (Minutemen) Lou Barlow (Dinosaur Jr./Sebadoh) Adebisi Shank LITE