山本精一 + 一楽儀光 + 外山明 セッション@秋葉原グッドマン

 土日は東京BOREDOM2DAYSがあるしその合間にハイエイタスさんのライブもあるので最初今日のライブは見送ろうかなと思ってたんですがグッドマンのカシマさんの見たほうがいいよとのお言葉で急遽いくことに決めました。いやあ〜行って良かったな。久々に見る外山さんのドラムをまじかで見れたのがとてもよかった!

 ドラびでおの一楽さんの主催するイベントなのかな?前にこのイベント見たときは一楽さん、山本さん、そしてクラムボンのミトさんの組合せだったと思います。

 まず第一部は一楽さんのドラびでおの演奏。以前に見た麻薬関係のものや、ハイジの映像はやぱり見てしまったなと言うのもあって映像よりむしろ一楽さんのドラムに注目してみてたような気がします。新たにアニメのネタもあったりでこうやって時事ネタを常に作っていくのって大変だろうなあと思う。そろそろ民主党ネタ、中国ネタとか・・・・?

 第二部は山本さんの外山さんのセッション。山本さんの出す音に外山さんが反応して色んな音をきかせてもらった。たとえは変ですが草原に風が吹いているような感じそよそよと吹いたりひゅっと吹いたり、ごーっと吹いたり、その風のような音の変化を楽しんでいくような感じ。 この間見た芳垣さんとのナンバジャズとはまた全然違った山本さんとドラムの組合せ。外山さんは指に金属のようなものをはめてカウベルを鳴らしたりしてました。終わった後に山本さんが外山さんに握手を求めてて可笑しかった。

 ここで休憩があってその時に友達の発した言葉が面白かった。「山本さんていいよね〜自分の好きにやって楽しんで他の人が皆合わせてくれるんだもん」(笑)いやいやそんなこともないと思いますが(笑)

 第三部、一楽さんと外山さんによるドラム同士のセッション。これもお互いに呼応しあっててとても面白かった。ドラムだけなのに全然退屈しなかったしお互いの掛け合いにワクワクもした。一楽さんがどっしりとしたドラムを叩き外山さんはその周りで跳ねてるようなドラムだった。

 そして最後は3人でのセッション。最初は静かな感じで始まった。山本さんのギターの音が物凄く静かでかすかな音でぐっと集中して聞かなければならない感じ。しかしそんな山本さんのギターに対して両サイドのドラムはわりと自由な感じに演奏してたような気がする(山本さんに合わせてるって感じでもなかったよ)そんなそれぞれが別々の音を出してるような前半だったのだけれど後半だんだん山本さんのギターの音が激しくなってきて、そして両サイドのドラムもバシバシと鳴らされてもうこっちはぎゃわあ〜となってしまった。こぶし握り締めてなにか言ってたような・・・・(笑)ドラムお二人が物凄く楽しそうに激しく叩いてて山本さんがおおっと言う感じでちょっと笑みを浮かべて外山さん見たり一楽さん見たりしていた。もうこの怒涛の後半を聞けただけで今日来て本当に良かったー!と思った。

 アンコール、今度は山本さんのギター、先ほどと違って最初からブルージな感じの力強い音で引っ張っていく。またさっきとは全然違う感じのセッションだった。演奏が終わって、山本さんおもむろにアンプの上に置いてあった笛みたいなものをちょこっとピロピロ〜と吹こうとしたんだけど躊躇してやめ、戸口のところに行ってまた吹こうかどうしようかとしてやめ、一体全体吹けばいいのになあと思ったけど吹かないところが山本さんだ(笑)

 帰り西山さんがお薦めしてるミルキーパンを皆で秋葉原の駅で試食(笑)これがうわさのミルキーパンです!