eastern youth 極東最前線/巡業~土砂降り街道エッサホイサッサ~@渋谷O-EAST


お昼まで仕事をしてバスにて上京、今日はイースタンユースを見に渋谷へ。吉野さんが復帰してバンドとしてライブを見るのはこれで4回目かな。前回見たメテオナイトはちょっと時間が短かった気がして物足りなかったので今日のライブをとても楽しみにしていた。
 やはりお客さん、中央は男の人たちが多かったな〜みんな働いてる、生活してる男の人たち。ステージにあらわれた3人も何も余計なものがないすっぱりとしたいでたち。
 前回ここで見たときはアルバム「歩幅と太陽 」の曲を中心にと言う感じだったけれど今日は知らない曲の方が多かったかもしれない。知らない曲と言うのはイースタンユース見始めたのが本当に最近なので彼らの曲をそんなに知らないからだ。これから1作づつさかのぼって聞き込んでいこうと思う。
 そして知らない曲がおおかったけれどどんどん気持ちの中に入ってきて凄く良かった。吉野さんのお茶目でふわんとしたMCも可笑しかったし、鋭くどきっとさせられるMCにも感動するけれどとにかく全身をかけて歌う姿には本当にいつも打たれてしまう。MCで歌と言うものについて言われていて、歌は皆にむけて歌うのではなくてひとりに対して歌うものと言う言葉にははっとさせられた。全体の一体感とかそういうんじゃなくてひとりとしてその歌に向き合ってその歌を自分の中で受けとめている。

 そして前回はちゃんと注意してなかったけれど二ノ宮さんのベースの旨さにもうならされた。音に色気があるのです。シャープで澄んでいて激しい吉野さんのギターとちょっと反対のようなまろやかで柔らかい音のベースだと思った。それから歌の部分、歌詞の部分を中心にして聴いてしまうんだけどとても美しい音が鳴ってるんだなとも思った。凄く好きな音です。

 年内ちょこちょこライブをやったらしばらくライブはお休みだそうでちょっと寂しいけれど、またこうして素晴らしいライブを見れるのを待ってます。

 セットリストロッキンオンさんのサイトhttp://ro69.jp/live/detail/40426よりお借りしました。

1.夜明けの歌
2.いつだってそれは簡単なことじゃない
3.世界は割れ響く耳鳴りのようだ
4.踵鳴る
5.男子畢生危機一髪
6.未ダ未ダヨ
7.地下室の喧噪
8.扉
9.いずこへ
10.野良犬、走る
11.まともな世界
12.街はふるさと
13.沸点36℃
14.荒野に針路を取れ

EC1-1.雨曝しなら濡れるがいいさ
EC1-2.一切合切太陽みたいに輝く

EC2.青すぎる空