四方田犬彦「先生とわたし」

 このあいだふと買ってわりと一気に読んだ。四方田犬彦氏の師である由良君美という人物について書かれた本であるとともに自分と由良君美との師弟関係、その移り変わり決別、そして「師弟」ということそのものにか関しての著者の思い。

 巨人のようにはるか高みに存在していた「師」。その人自身が自分の「弟子」がぐんぐんと伸びてきて自分にせまってきてやがて追い越していくという事。それを喜び見守る事が出来るのか・・・・。由良君美の中にも気持ちの葛藤が渦巻いていたのだろうなと思う。

 全部読んでからあらためて表紙の絵に意味があったんだなとはじめてわかった。

先生とわたし (新潮文庫)

先生とわたし (新潮文庫)