山本さん

 ディスクユニオンから山本精一「PLAYGROUND」が届く。ずっと楽しみにしていたので嬉しい。まだ少ししか聞いていないけど思ったよりもたんたんと歌われている。それが心地よい。ここ何年間かの歌物のライブで何回も聞いた曲。むしろライブで生で聴くときよりも抑えられている感じがする。ああ嬉しいなあしばらくこのアルバムがあればと言う感じ。きっとこのアルバムを聞くと今年の夏を思い出すようになるんだろうか・・・・。

 山本さんの詞はぼんやりと聞いているとするすると通り過ぎていく。じっくりと聞いているとその風景の場面場面が頭の中に浮かび上がってくるけれどその風景はあわい色をしている。「水」の歌詞を見ていたらまた泣きそうになった。

 やっている音楽がその時々で様々で、時にはそのプレイに狂気的なものまで感じさせられ、かとおもうとこちらの真剣ささえ飄々と交わしてしまうようなところもあって、いったいこの人の頭の中はどうなってるんだろうと一時真剣に思ってとにかくどんなライブでも見たいなと思ってライブに行っていた。でもまあ本人にしたらそんな頭の中は覗かれたくないんだろうなあ・・・。

 ていうか・・・わからん!

て言うのが山本さんだとわかった(笑)これからもそんなわからなさに翻弄されながら山本さんを見て行くんだろうなと思う。

プレイグラウンド

プレイグラウンド