まっすぐバスで長野に帰る。今日は本当は名古屋に移動してモーサムをみる予定だったけど前回のUNITを見て少し期間をあけようと思ったのだ。他にもHMVで割礼のインストアや地球屋でのイベントなど行きたいなと思うものもあったけれど大人しく帰ることにしました。案の定昨夜首を振りすぎたので首も痛かったし・・・・。

家に帰ったらアマゾンから「大友良英サウンドトラックスvol.0」が届いていた。お風呂に入ってからぽーっとしながら聞いた。1曲目は1月ににNHKでやったドラマ「その街のこども」のエンデイングテーマ。ぼんやりと聞きながらそのドラマの事やそれを見ていた1月の部屋の空気のことを思い出した。震災の事を描いたドラマであるけれど震災そのものをストレートにというのじゃなくて、震災を経験した今生きてる若い子の視線からのドラマでその描き方がとてもよかった。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国」の挿入曲の勝井さんのヴァイオリンもとても良くてうっとりする。

大友良英サウンドトラック Vol.0

大友良英サウンドトラック Vol.0

たかじんと辛坊さんの番組で「命」について街の人にインタビューしていて若い男の子の「母親から貰った一番最初の贈り物。無駄にはせえへんです。」と言う言葉が心に沁みた。

晩御飯を作って相方さんと食べながらのんびり「笑点」を見て「龍馬伝」を見た。「龍馬伝」久々に見たなあ。映像の撮り方が美しい。