私立広重図書館とドミューン観賞

 JOJO広重さんのブログでおとといの「日本語ということば」の感想を書いた日記が紹介された。
JOJO広重 BLOG:2010年06月 - livedoor Blog(ブログ)
ひたすら恐縮してしまうがやはりちょっと嬉しい。ありがとうございました。

 なんども日記に書いているけれどJOJOさんの日記が好きでJOJOさんの日記のファンだ。「日記の」と書くのは実はJOJOさんのやられている音楽の事をあまり知らないからで、たぶん同じ若い時代をすごしてきているはずなのにしかも関西に住んでいたのに全然そういうシーンを知らずに過ごしでしまった。

 JOJOさんは山本精一さんとのライブではじめて知って、シェルターかどこかのライブの時に額をマイクかなにかにぶつけられてて血を流されていてびっくりしたり、JOJOさん山本さん、そして三上寛さんという組合せのライブの時はもう本当に圧倒されっぱなしだったのを思い出す。
 それからなにかの拍子にJOJOさんのブログを見つけて読むようになったのです。人の日記を読むのが好きで色んな人の日記を読んでるけれどJOJOさんのブログはその中でも本当に好きなブログだ。あたたかい気持ちになったり、じんわりとしたり、時にはきつい言葉が自分の日々の行動や気持ちを思うと後ろめたいような気持ちにさせられる事もある。

 時々書いているけれど、ネットでこうして日記を書くということの迷いみたいなものが生じてきてこんな事はただの自己満足でおろかで恥ずかしい事なのかなと思うことがある。そんな時JOJOさんのブログにそれでもいいんだ、なにかを発することが大事なんだと励まされた。たぶんJOJOさんのブログを読んでなかったら日記を書かなくなってしまってここを放置していたかもしれないなと思う。

 もちろんJOJOさんのブログに依存するのでなくて、でもその言葉、紹介された本や映画などに大いに感化されて行きたいと思う。夏にはまた山本さん、そして今度は大友さんとのライブもやられるのでそれもとても楽しみです。

 さて、今日は本当は渋谷へイースタンユースを見に行くはずだったんだけどどうしても仕事を休めない事がわかって行くのを断念した。朝から偉い人がきたりしてバタバタのひっちゃかめっちゃかだった。ぐったりした。矛盾を感じるところがいっぱいあったど、本音と建前のある社会・・・・中間にいる立場の人は本当にしんどそうだ。
 夕方はまた雷が鳴って夕立が降った。しかも激しい雨、これはもうゲリラ豪雨だ。そして30分くらい集中して降って帰る頃にはけろっと止んでいた。

 家に帰ってドミューンを見る。今日はPhewさんと山本さん。Phewさんと山本さんのやり取りが大好きなんだよなあ・・・まるで夫婦漫才のような(笑)今夜も山本節が炸裂だった!前半は二人が色んな曲をかけてそれについてしゃべるという感じだったけど山本さんのアニメ話・・・・・あつく語ってたな(笑)

 それでそれをにやにや見ていたら「ピンポーン」とベルがなって出てみると警察のものです、とのこと。なんと近所のパチンコ店で強盗があったとのことでの聞き込みらしい。はじめて刑事と言う人と話した。こちらの方向へ逃げたのを見たという人がいて・・・とのこと。物騒だな・・・・こんな田舎なのに。なんかしっかり名前や住所電話番号、年齢まで聞かれた。ちょっとこれがもし偽者の刑事だったら生活パターンとか(何時ごろ仕事から戻るとか平日は留守だとか)全部さらしてることになるんじゃとちょっと怖くなってしまった。

 パソコンの前に戻るとトークのコーナーは殆ど終わりで、その後ライブになった。やった曲は
01.飛ぶひと(山) 02.水(山) 03.サンプラー弾き語らず(p) 04.まさおの夢(山×p) 05.鼻(山×p) (gamagorifutaroさんありがとうございます)

 やっぱり山本さんの歌ものはいいなあ〜としみじみした。それからPhewさんとのデュオも素晴らしくてまたふたりでライブやってくれないかなあと思った。