阿部和重「ミステリアスセッテイング」

 実は4月に佐々木敦さんと阿部和重さんのトークショーを見に行こうと思い、そうだ今度出る「ピストルズ」の前に阿部作品を読もうと思い立ち一気に読んだ。
 面白かった!特にスーツケースを手渡されてからの展開。なんかネタバレなるかもだからあんまり書こうと思わないけどこれは嘘なのか本当なのかそもそも彼女の存在が本当なのか老人の作り上げた物語の中の物なのか、何もかも虚構で出来ているのか、読み終わったあとも全然わからないんだけど、でも面白かったなと言う満足感に包まれた。そして満足していながらも気持ち悪さが残ると言うのか・・・・。一言で言えば純真な少女の悲劇の物語なんだけど、なにか阿部さんの独特の語り口(バカ丁寧と思ってしまう)が裏に隠され企みを勘ぐらせてしまう。その企みが何なのかは判らないんだけれども。

ミステリアスセッティング (講談社文庫)

ミステリアスセッティング (講談社文庫)