しまおまほ「奄美のマンマーの家で」新潮2月号

 新潮2月号の読んでなかった短編諏訪哲史「尿意」と福永信「午後」を読む。しかし2作とも全然理解できなかったすみません・・・・だれか解説して欲しい。そしてやっぱり同じ号にのっているしまおまほの小説?が本当に素晴らしいと思う。どう表現してよいかわからないけどとにかく素晴らしいので単行本にして欲しい。

新潮 2010年 02月号 [雑誌]

新潮 2010年 02月号 [雑誌]