桐野夏生「ナニカアル」

 「王国」の後に読み出して急に何か解放されたような気持ちになってずんずんと読んだ。やっぱり桐野作品は大好き(笑)

 桐野さんが作り上げた林芙美子の空白の時間。林芙美子は大好きだし、桐野さんが林芙美子を書くということで楽しみにしていたけれど読み進むに連れて現実の林芙美子その人はどんどん離れていって主人公は桐野作品の中の林芙美子として存在していた。狂おしく年下の男を思う気持ち、恋愛の終わり、そしてその後の再会した時の冷ややかさ。男との恋愛が終わったのはその時代の周りの状況もあっただろうけれど、むしろ彼女の作家としてのプライドを傷つけられたことの方が大きかったんじゃないのかな。彼女は女であるよりも作家であったのだろう。

 それから読み進むに連れて、ああ、やっぱりこれはミステリーだって思った。久々に桐野作品をミステリーだと思って読んだ。そしてあの帰国してからのあの彼女の強さ、さばけ方、もう全てが桐野作品の女の人だなと思った。

ナニカアル

ナニカアル