7e.p. presents Mt. Eerie & Julie Doiron Japan Tour 2010@渋谷NEST

2時まで仕事してバスで上京。バスに乗り遅れないか、渋滞して開演に間に合わなかったらいやだなあと思ったけど今日はスムーズに事が運び、開場には間に合わなかったけど開演にはまにあった!しかし東京暑かったなあ…。

また洋楽お姉さん(そう名付けてしまおう、たぶん自分のが年上かもだけど)と一緒にみさせていただく。ここ一二年洋楽から離れてたから話が興味深い。

トップバッターはmoools。この間のクワージとのライブはレコ発との事もあり長めで新作中心のセットだったけど今日は懐かしい曲もやってくれた!特に子猫カレンダーが聞けたのが嬉しかったなあ、何時以来だろう。しかしこれをMt. Eerie さんがカバーしたのかあ…。
今日のライブは前回よりもリラックス感があっていい感じに艶があってとても良かった!酒井さんが赤い靴下でツツツと動いたり身悶えしてたり(笑)

そして次がJulie Doiron。サポートのギターの方とふたりで登場。ボーダーTにスカート、ポニーテールといういでたちで可愛かったな。ひゅっと後ろにとんだりして動きも可愛らしかった。そして歌が、あーこれを聞きにこれてしみじみ良かったーと思わせる声だった。一曲一曲じんわりと聞き入る。

そして最後がMt. Eerieさん。椅子に腰掛けてアコギでの演奏。ふーっと息を吐いたり、その音も曲の一部であったり、皆息をつめて演奏を聞いているがそれは緊張感ではなくて、大事に大事に聞いているような感じ。それにしても曲の最後があっけなくふっと終わってしまう。

そして最後にMt. EerieとJulie Doironのデュオ(プラス、ギターの彼と)これがとても素晴らしくてただただうっとりと聞く。しかも結構たくさんやってくれて幸せだった〜。

たぶん、OWENを見なければクワージ見なかったかもだし、クワージ見なかったら今回もこなかったかもしれなくて、この繋がりに感謝。
帰りの中央線、遅れてたけど、このじんわりとした余韻でいらいらせずに帰ってくる事が出来た。
私は行けないけどまた来週NESTでライブあるのでお薦めです。

国分寺に帰って何故か眠れず、そうしたらNHK井上陽水の番組の再放送やっててついつい見入ってしまった(一回見たんだけど)あらためて陽水曲って凄くいい!って思った。そして忌野さんとの「帰れない二人」が染みた。