柔軟であれ、頑固であれ

 一日仕事。しかし寒すぎる・・・・劣悪な仕事場。と言うよりお店の入ってるスーパーのフードコート、殆ど暖房入れてないんじゃ・・・と思うくらい。よくお客さんはこんなところで食事が出来るなあ。

 家に帰って冷え切ったからだを炬燵に埋める。アマゾンから石頭地蔵と空間現代のCDが届いていたのでそのまま潜り込みながら石頭地蔵を聞く。絶対4月の2days行きたいな。

 今日は相方が出張でひとりナイトだったのでそのまま本読んだり、テレビみたり、グダグダして過ごす。今読んでるクレア・キーガン「青い野を歩く」が本当に良くて、めちゃめちゃ良くて、じっくり咀嚼しながら読む。お薦めです。

 テレビはまたまたNHKDAYだった。知る楽の高田渡佐野元春ソングライターズ・ゲスト矢野顕子。ソングライターズは再放送で矢野顕子の回は見てなかったので見れて良かった。色々な言葉にハッとさせられる。その道で長くやってきた人の言葉は重い。そしてやっぱり自分を持っていることが大切なんだなと思った。流されるんじゃなくて芯の部分で頑固であること。でも頑固であっても周りをシャットアウトはしたくない。柔軟に色んな物事に興味を持って耳を傾けたい。だけどその誰かにどっぷり依存するのはどうだろう。いったいその人自身はどこに行った?そうはなりたくない。何かを大切に思う事とその物事に憑依されるのは別だと思うし。
 
 さあ色んなものを見ていこう。そして多分自分はぼわんとしていると思う。感動しながらもうそれは自分の物。矢野顕子さんのラーメンの歌について語られてたことのように。