時々人としてどうよ?と思うお客さんがいる。今日は自分が受けた人ではないけれど・・・・本当におかしいんじゃないか?と思うような人や、やたらと偉そうに振舞う人や、お金を投げつけるように支払う人や、もうそんな人間を相手にすることがつくづくバカらしくなってしまう。本来自分はキレやすい人間なのだけれど申し訳ありません、ありがとうございますと笑顔で対応する、仕事だから。最近とみに思うけれど皆心に余裕がないんだなあと思う。

 仕事、仕事を変わることを考えてみる。いつものようにもう嫌だやめたいって思ってるわけじゃないけれど、この仕事をやめたら何の仕事が出来るんだろう?と考えてみる。自分と言う人間の価値。ああ・・・・全然ない。ましてやこんな世の中、今の自分が次の仕事を探すのって物凄く難しいだろうなと思ってしまう。まあそんな事を考えながら心して毎日働こう。

 勇さんのブログが更新された「色々と課題は山積ですが、とりあえず今やりたい事を、
やるだけはやりました。」日曜日のライブの事をまだ引きずってて毎日毎日考えている。
 もっと本当に実験として捕らえれば良かったのかなあ。勇さんは、よし、あれも試してみよう、これもやってみようとフロントに立って色んな事を試みたのだろう。この言葉を読むとそれが理解できる。もっと柔らかな気持ちでライブを楽しめば良かったのかもしれない。でもやっぱり自分の心にビシッとは来なかった・・・・。そしてそうやって柔らかく見る気持ちではなかった、あの日の自分は。
 新潟のライブをずっと迷っててやっぱり見たいなとも思う。また自分の気持ちにフィットしなかったとしても・・・・。でも今回はちょっと我慢しようと思う。ちょっとぐるぐると渦巻いた気持ちを落ち着けようと思う。

 見に行かれる方の感想を是非待ってます!

 でも多分あれこれ言いながらもこれからもモーサムのライブは行くと思う。「だってやっぱり彼らを見たい」と言うのが本音。単に過去感動した自分と言うものにに執着しているのかも知れないけれど(そんなことはバンドは知ったことではないと思うけれど)でも見に行きます。

 今年は全力で真剣に、行くライブは見ようと思う。モーサムだけじゃなくて全てのライブ。のるのらないじゃなくて、もうガンガン見ます。