YO LA TENGO x ゆらゆら帝国@渋谷O-EAST

 ヨラテンゴ2DAYSの一日目、今日は追加公演で決まったゆら帝との対バン公演。今日はゆら帝ファンの混沌チームの皆さんと。

 先行はゆらゆら帝国。今日はど真ん中で見ることが出来たのでドラムの一郎さんの動きもしっかりと見ることが出来た。(一郎さんが左利きと言うことをはじめてしったなあ)いつものように坂本さんの「あ、どうも」でらいぶがはじまった。激しい曲をさっとやって短いんだろうなと思ってたけど結構長く、しかも色々とアレンジを変えたバージョンでやってくれてとても良かった。「グレープフルーツちょうだい」とかぞぞっとするくらいかっこよかった。何かの曲で坂本さんが入れなくて一郎さんがちらりと坂本さんを見たのが可笑しかったし、坂本さんの腕になにかコードがからまってるんじゃ?と思ったら紐で、それはマラカスに繋がっていて(笑)時折ひょいっと引っ張りあげたりして振るので可笑しかった。いろんなことやるなあ、腕重くないのだろうか・・・。でもガーってなったときその紐がマイクスタンドに絡み付いてマイクスタンドが倒れてたりしてやっぱりこのアイディアは今後ぼつになったりして(笑)
 そんなおかしさもありつつやっぱり迫力は素晴らしくて「無い!! 」で終わりかなと思ったらもう一曲「ひとりぼっちの人工衛星 」もやってくれて嬉しかった〜。

01.わかってほしい

02.ハチとミツ

03.アーモンドのチョコレート

04.グレープフルーツちょうだい

05.新曲

06.やさしい動物

07.3X3X3

08.おはようまだやろう

09.ミーのカー

10.無い!!

11.ひとりぼっちの人工衛星

 ゆら帝を見て体は温まっていたものの次のヨラのステージのことを思うとちょっぴり緊張。もう、だって、本当に好きなんだもん。ヨラを見るためだけにスマッシュの会員になってるようなところもあるので。

 ステージに登場した3人は本当に変わらないいでたち。アイラのシマシマボーダーTが嬉しい。最初の2曲はアイラが鍵盤の曲、ちょっとのんびりした雰囲気で始まった。しかし3曲目の「More Stars than There Are in Heaven」でもう完全に持っていかれてしまった。新しいアルバムに入っている長尺の曲だけど本当に素晴らしかった。そこからはもう夢の世界にいるかのような・・・・目の前の演奏を見てるのがただただ嬉しくて幸せでずっと笑顔のまま見ていた。今回のアルバムをはじめて聞いたときのなんというのか・・・はっきりしない感じはっきりつかめない感じがもうまったくなくなっていて全ての曲がふんわりとやさしくなんだけど確実に体の中に満たされていくようなそんな感覚に。ポップであってもやさしくて繊細でそして静かな曲ほど美しかったりしてアコギとか本当にもう素敵過ぎるし、3人それぞれの声がまた本当にいいなあ・・・・としみじみ思った。「You can have it all!!」でヨラダンスも見れたし、本当に幸福感に満たされたライブでした。

 帰りに皆で居酒屋さんへ。多分ずっとニヤニヤしてて夢の中から抜け出せないでいたに違いない。来年も皆で素敵なライブをいっぱい見れるといいね。

01.Here to Fall

02.Mr. Tough

03.More Stars than There Are in Heaven

04.Madeline

05.If It's True

06.I'm on My Way

07.Tom Courtenay

08.Periodically Triple or Double

09.False Alarm

10.Nothing to Hide

11.Sugarcube

12.Blue Line Swinger

〜アンコール〜

13.Dog Meat

14.You Can Have it All

15.Can't Forget

〜アンコール〜

16.Somebody's in Love