ROVO presents MDT Fertival in OSAKA 2009 @ STUDIO PARTITA

長野から大阪まで夜行バスで移動〜前の席の人が思い切り席を倒してきて膝を強打するし、その後身動きとれなくて本当に疲れた…。大阪到着後、妹宅に行き、ちょっと寝てお風呂にはいったら生き返った。

お昼に難波で混沌チームの皆さんと待ち合わせ。お好み焼きを食べに行く。お好み焼き、餅とチーズのお好み焼き、焼そば、明石焼き、ネギ焼きとコースで頼み他に牡蠣のホイル焼きも。苦しくなるほど食べました(笑)

その後ぐるりと遠回りルートで今日の会場のある北加賀谷へ。名村造船所跡地。朝は雨も降っていたと言うのに快晴に。青空に浮かぶ白い雲、凄く気持ち良かった〜。屋根だけある吹き抜けの所(写真の赤い鉄骨の)だと思ってたら奥に倉庫みたいな建物があってライブはそこで行われてました。
建物手前の広場ではフリーマーケットや食物がうられてて良い感じ、西部講堂でやってた時のボロフェスタを思い出した。

出演順は以下の通り。

Harp On Mouth Sextet
DODDODO
PARA
neco眠る
ROVO

Harp On Mouth Sextet
は登場した時依然見たことに気付いた。白装束に顔を隠す白い布のついた帽子をかぶった人達。個人的にはぴんとこなかったです、すみません。演奏している表情とかやっぱり見たいかなあ…。
DODDODOとneco眠るは出てきた途端、苦手かもっと思ったんだけどライブが進につれてとても楽しめた。色んな個性的な人たちがまだまだいっぱいいるんだなあ…。neco眠るのベースのお兄さんはいつもは大きなネックレスをつけてるらしいんだけど今日は緊張のため持ってくるのを忘れたらしく、針金ハンガーをくびにかけて激しく動いていた。ガンガン首ふってて針金ハンガーが飛んできて手前で落下(笑)
こういう感じ好きなのでもしお酒飲んで酔っ払ってたらイェーとか言って自分も踊っていたかもです。

今日のPARAはめちゃめちゃ良かったな。もう皆さん譜面台がないのね。緊張感の中のカチっとした演奏じゃなくてなんか今日は強靱ささえ感じた。山本さんもそんなめちゃめちゃ枠をはずれる事もなかったし、とにかくリズム隊が素晴らしすぎる!千住さんのドラムがどんどん加速していくと本当にたまらないなあ。それでいて海の中を泳いでいるような気持ち良さの音。

そしてトリのROVO、こっちも圧巻だった!序盤から中盤は新曲が多くて自分もその曲になれていないし、割りとゆったりめな曲の展開だったりしたので、ちょっとぼわーっと夢心地のような感じでゆらゆらとしていた。
でも最後は凄かった!かっこよかったなー勝井さんのヴァイオリンはきれきれだったし、やっぱりドラムお二人が完璧すぎる!芳垣さんの腕さばきをみてるだけでため息がでるような…山本さんはわりとおさえめだったかも。もっともっとと思ったけど(笑)

アンコールのreomが凄く気持ち良くて、体が勝手に動いてしまい、最高だった。最後、終わりの終わりに山本さんがなんかひとり違うフレーズみたいなのを弾きはじめ、え?ええー?見たいな表情の芳垣さんが可笑しかった。こういう事するの山本さんらしいなあ(笑)
山本さんによると毎年、開催したいらしいです、フリーマーケットとかの規模も大きくして。


Vitamin
新曲
新曲
新曲
Sukhna
woof session
na-x

アンコール
reom

掲示板より拝借

さすがに長時間立っていたし、移動の疲れもあってみんな足がパンパン。難波に移動して海鮮居酒屋さんへ。ここのお店がまためちゃめちゃおいしかった〜。河豚ちり鍋、カニのクリームコロチケ、秋刀魚のお造り、冷やし焼きなす、だしまきタマゴ、大根サラダ、ひらめのお造りなど。昼間にあんなに食べたのにまたもたくさん食べてしまいました。
明日は京都観光の皆とわかれて妹宅へ。私は明日は広島なり。