吉田修一

 本屋さんで見つけて気になってて読みたいなと思ってて調度c嬢が持ってるのを発見したので2日間で大急ぎで読む。九州から上京してきた大学1年生の男のこの1年間がただ描かれている話ですらすらと読めてしまって、読んでるときは別にそんなにどうと思わなかったけれど後から後から横道世之介が頭のどこかに出てきて存在している。何でだろうな。横道世之介がかえって本当に普通の人だからかもしれない。普通の人として頭の中にいる。それはちょっと寄り添ってもらえてるような気持ち。

横道世之介

横道世之介