casstte「Phew×bikke」発売記念ライブ@吉祥寺MANDALA2

5時に吉祥寺で皆と待ち合わせてライブな前にうどん屋さんに行く。「真希」と言うお店。私はライブ前だったので飲まなかったか焼酎とうどんとあったので今度は飲みたいなあと思った。
今日はPhewさんとbikkeさんのカセット発売記念ライブ。Phewさんのサイトで予約をしたので座れたのだけど満員で立ち見のお客さんもいっぱい、何回も椅子を前にと言われた。

一部はPhewさんとbikkeさん二人の演奏。ステージ中央前方にマイクスタンドが立てられていて、Phewさんが歌い、後方に椅子、アンプなどが置かれていてこちらでbikkeさんがギターを。すくっと立って歌うPhewさんの姿はやっぱりキリッと美しくて存在感があった。2曲目で出だしをbikkeさんが間違えてPhewさんが違うと思うよ〜と後ろに行ってのやりとりがすごく可笑しかった。ちょっぴり漫才ちっくで。やりこめられた風のbikkeさんの表情が可愛らしかったな。ふたりで100歳、信じられないといい、18歳の時お互いの家に行って作った曲も演奏してくれた。
bikkeさんギターの演奏の方に力をいれていたのかあまりbikkeさんのボーカルってなかったような気がする。

Phewさんの歌を聞くのはMOST以外山本精一さんとや山本久土さんと一緒のステージしか見たことがなかったのでbikkeさんとの演奏はまた違った印象を受けた。精一さんとのライブはどこかにポップさがある気がするけど、今日のライブはもっとPhewさんそのものがあらわになってぶつかってくるような気がした。一曲凄く美しくて凄く好きな感じの曲があってなんとも言えない気持ちになった。

2部はPhewさんbikkeさんそして石橋瑛子さんのB.E.Pという新しいユニット。石橋さんはずっとピアノを弾いていた。
石橋さんのピアノが入ると一部のストイックな感じとはまた感じが変ってPhewさんの歌もbikkeさんのギターも石橋さんのピアノの音と一緒になって力強く空間いっぱいに鳴り響いている感じだった。
アンコールは「夢で会いましょう」(とても素敵だった)ダブルアンコールは「時には母のない子のように」なんと3人でははじめて演奏するらしい。
この3人ではまたロフトでライブがあるんだけどそちらはちょっと行けないので残念。でも来年はMOSTもあるしPhewさんのライブをまたこれから見られると思うととても嬉しい。

帰りにまた皆でちょこっと一杯飲んで帰る。しゃべりが炸裂してしまった。