レベッカ・ブラウン「体の贈り物」

 レベッカ・ブラウンの本を読むのはたしか「家庭の医学」いらい2冊目。本作はエイズ患者を見るホームケア・ワーカーの主人公をとおして語られる物語。とても重い話であるし、最初に出てきた人物が数編後にまた出てくるのだけれど明らかに症状が進んでいてそれが胸につまる。 
でも死と言うものが先にあるだけに苦しくもあるのだけれど一人一人の患者の姿がはっきりとくっきりと描かれているような気がする。それぞれの人物の話すこと言葉、汗の匂い、身体の存在感。それが生々しく伝わってきた。こんな風に人間の身体を生々しく感じた小説ってあっただろうか・・・・と思った。

体の贈り物 (新潮文庫)

体の贈り物 (新潮文庫)