『埋火アルバム発売記念ライブ』埋火 / 山本精一 & 須原敬三@吉祥寺スターパインズ・カフェ

 吉祥寺駅の地下の本屋さんによる。岡本かの子「食魔」、吉村昭「私の文学漂流」つげ義春「紅い花 やなぎ屋主人」購入。
 
 けっこう開場ぎりぎりに行ったのにあまり人がいなかったのでどうかなーと思ったけれど始まる頃にはいっぱいでしたね。須原さんとの山本さんを東京で見るのは自分は初めてなのでとても楽しみにしていた。大阪で見てからもけっこう時間がたっていたし。
 ステージに登場していきなり拍手ないんですか、そういうところからコミュニケーションて始まると思うんですが・・・みたいな発言。それから2曲ぐらい・・・・なんというのか・・・裏声であったり怒鳴るようであったり不真面目な感じであったり・・・・まあ山本さんだからという感じで聞いていたけれど正直どうなのよ!!!と思わないでもなかった。そうしたらやっぱり面白くないから普通にしますとのこと(笑)そういう何をやるのかわからないところが山本さんの魅力でもあるけれど歌物の時はじっくりとその世界につつまれたいと思っていたのでやっぱり普通にもどしてくれてよかった(笑)

 そんなどんな風に展開していくかわからない山本さんに須原さんのベースがどんな風にもよりそって支えてる感じがいいなと思う。時折、ん?という感じで首をかしげながら山本さんの音を聞く須原さん。須原さんのベースが加わると何か温かさが交わる気がする。そしてさらに途中からドラムに山本達久さんが加わりその世界はもっと広がっていく。だんだん羅針盤みたいな感じになってきたと山本さんが言うようにドラムが入るとその曲がもっときわだって確立されるような感じがする。達久さんのドラムはやっぱりいいな〜。この3人でまたやって欲しいし音源も作ってくれたらいいのになと思う。
 今日はなぞなぞからとPhewさんとのアルバムから「飛ぶひと 」「バケツの歌 」それからずっとやっている宝石の歌と猫が屋根の上を歩く歌(題名がわからないです)など。

 後半が埋火のライブだった。須原さんは今度は立って中央でベースを弾いていた。ギターボーカルと、ドラムの方は女の人だった。懐かしいようなちょっと面白いような不思議なかんじで良かった。ギターの音もかっこよかったな。

 帰りに今日集まった知り合いのなか4人で居酒屋へ。「ちょっと今日元気ないですよ〜!」と何回も言われる。なんだかいつもハイテンションイメージが彼のなかであるみたいなんだけど、いたって普通なんだけどな(笑)でもまあこの所の行ったり来たりの生活にちょっと疲れ気味であることは確かかもしれないけど。
 明日は「ギンガ」再発のトークショー&サイン会がタワーであるんだけど私は別物に行くので行けない。