夜のバス

一日仕事を終わらせて急いで家に帰り用意をしてバスに乗る。
こうやって日が暮れて高速バスで東京に行くのははじめて。
最初は窓の外の暗やみと車内のこうこうと照らされたあかりが落ち着かず。しかし高速を降りて都内に入っていくと外には夜の街の風景が。いつもの昼間のバスで見慣れた風景、夜の街はだけどなにかキラキラとしていた。その夜の街がスーッとすべるように過ぎていく。美しいなと思った。
その時エリオットスミスを聞いていた。そのせいかもしれない。不思議な感覚に陥った。

今、ただただ聞きたいのはこういう音なのかもしれないと思った。