神保町めぐり

御茶ノ水から神保町まで歩く。ちょうど神保町に用事があったので2004年の「東京人・特集神田神保町の歩き方」を持ってマップをみながら歩く。明治大学の凄さにひたすらびっくりした。
道には迷わなかったものの何しろ生まれて初めての古書店街だったので全然自分が欲しいジャンルの物がどこに売っているのかわからずただただうろうろとするだけだった(汗)「さぼうる」もひとりじゃ勇気が出なくて入れなかったし。
でも面白かったなあ〜。また行きたい。結局文庫本ばかり買いました。

買った本

小川国夫「流域」「悲しみの港」「悠蔵が残したこと」
干刈あがたアンモナイトをさがしに行こう」「ゆっくり東京女子マラソン
倉橋由美子「シュンポシオン」
梅崎春生「ボロ家の春秋」
新刊で長嶋有「ねたあとに」