佐伯一麦「芥川賞を取らなかった名作たち」

 面白かったので一気に読んでしまった。それぞれの作品について細かく語られているし、候補になった時の状況や、選評など興味深かった。どの作品が選ばれるかはその時の時代もあるし、選者である人たちの文学感にもよるんだろうなと。しらない作家や作品もあったし、読んでみたいなと思うものもあった。吉村昭さんはもし芥川賞をとっていたら自分は歴史小説に手を染めなかったと公言していたという部分を読んでそうなのかもなと思った。芥川賞とはとっても取らなくてもその後の作家の進む路を変えるものなのかもしれない。
 懐かしい干刈あがたさんの話もあってまた読み直したいなと思った。亡くなられずに生きてられたら・・・と本当に思わずにいられない。

芥川賞を取らなかった名作たち (朝日新書)

芥川賞を取らなかった名作たち (朝日新書)