成人の日、午前中は家でずっと芥川賞候補作品を読む。午後仕事。休日なのでバイトの高校生やフリーターの子でいっぱい。事務所も若さでむんむんとしている(この表現がなんか古いなあ。)ふと考えたら自分以外の今日の面子は全員10代か20代だった・・・・。静か〜に事務所の片隅でパソコンに向かって仕事する。

 月曜は先週1週間分の売り上げやらその他諸々のデーターを分析して報告するという仕事がある。それでその担当になってしまったのでなかなか月曜日が休み辛くなってしまったのだ。先週の金曜日は雪が降って寒くてそれでお客さんが全然こなくて売り上げが「嘘でしょっ!!!」ってくらい少なかったので心配してたんだけど他の日が好調だったのでなんとか前年よりも売り上げはアップしててホッとする。

 帰りに駐車場に向かうところですれ違ったおじさんが振り返ると日陰の雪が凍った所でスケーティングしていた。一瞬「ええ〜?」と思ったけれど楽しそうだった。大人になったってそういうことがしたくなる時ってあるよ。だいたいそんな事すればおかしい人に思われるかなと思ってそういうことはしないんだけれど。実際思われるし。今度誰も見ていないことを確認してそういうことをしてみようかな。