深沢七郎「いきているのはひまつぶし」

この間の「笛吹川」に続いて友達に借りた本。未発表のエッセイとか。面白くてさらに深沢七郎に興味がわく。独特の死生感とか面白いなと思いながら目から鱗だったり。今度古書店に行ったら深沢七郎の本探してみようと思う。

おいらが気持ちいいことは、ちょっと、まあ、淋しいような時だ。
淋しい時はオカシクなくていいねぇ、銀座のせんびきやのパッション・シャーベットのような味がするんだ。淋しいって痛快なんだ。「流浪の手記」より


生きているのはひまつぶし 深沢七郎未発表作品集

生きているのはひまつぶし 深沢七郎未発表作品集