The World Heritage@高円寺High

The World Heritage:山本精一鬼怒無月勝井祐二ナスノミツル吉田達也
12月とは思えないくらい暖かくて拍子抜けする。ずっと暖かければいいなと思うけどそんな甘くはないんだろうな…。

The World Heritageを見るのは二回目かな。開場前からプログレ好きそうな熱き男子達がけっこういらして開演するころはお客さんもいっぱいだった。
前回自分が見た時は曼陀羅2だったかな?椅子があったんだけど今回はスタンディングで長丁場つかれるなーと思ったんだけど、まったくそんな事なくて演奏を楽しんでるうちにあっという間に時間がたっていた。
ライブは二部構成で一部は吉田さんが作ったばかりという新曲や、曲になっているものを演奏。だから楽譜が譜面台にあった。二部は即興。どちらも良かったけどやっぱり即興は面白い。どういうふうに流れていくのか誰がどういう風にひっぱっていくのかスリリングでありつつ、?と微妙な隙間があったりまたそこが面白かったり。二部の二曲目、最後のほうの山本さんのギターのフレーズ?がよくていいなあ、もっともっとと思ってたんだけど他の人たちが終わりに流れてしまって終わってしまったのでちょっと残念だった。
吉田さんと山本さんで次はじまりはどうぞとやってて吉田さんがばばんとドラムでリズムとるとカクッとずっこけてみたり、自分始まりになると皆についていかれへんとかなんとか言ってみたりの山本さん(笑)アンコールは世界遺産のテーマ。ひとつの譜面台を肩寄せあってガン見する勝井さんと山本さんが可笑しかった。
山本さんが「プログレやなあ」と言っていたけれどもプログレをほとんど通ってない自分はあまりよくわかりません(汗)ロバートフィリップとかトーキングヘッズとか?違うか?
鬼怒さんと山本さんのギターの音、と言うか色の違いも面白かった。勝井さんのバイオリンがフルートみたいに聞こえたり、吉田さんの叩きっぷりもかっこよかった。
帰りに前回のライブDVDを買う。今回のライブもカメラがはいっていたので楽しみだ。
今日は友達や知り合いの人新しく話すようになった人、たくさんいてその総勢8人で高円寺駅までぞろぞろ歩いてるのがなんだか可笑しく楽しかった。凄くそれぞれに自分の好きな音楽を楽しんでて、ああ自由だなあ〜となんか開放的な気持ちになった。