ROVO@恵比寿リキッドルーム

朝、週間ブックレビューを見てからバスに乗って上京。来週は蜂飼耳さんと桜庭一樹さんが出るので見逃さないようにしよう。
池袋のリブロであれこれ買う。買いすぎた、やばいもう本屋寄っちゃダメだ。
そのまま恵比寿に移動してひとり淋しくスパゲティ。
リキッドにて皆と集合して見た。今日の出演は
d.v.d
ASA-CHANG&巡礼
ROVO

まずはd.v.d。見るの3回目くらいかなあ…見るたびに楽しいなあ〜。ぽーっと映像に見入っているのですがふとドラムの方を見たら楽譜をガン見されていた。あれっていったいどういう風にドラムの音と映像がつながってるのか不思議。本当に毎回完璧だなーと思う。
次にASA-CHANG、横に作られた特別ステージにて。その間にメインステージではROVOのセッティング。ASA-CHANGはちょっと自分には良くわからなかった。勉強不足です。

さてROVO。もう最初に音がなった途端にわぁ〜っと思い、「やっぱいいなあー気分がどんどんあがっていく!」って思って嬉しくなる。
今日は山本さんじゃなくて芳垣さんを中心に見てやろう〜と思って序盤じーっと見てた。やっぱり芳垣さんのドラムっていいなーと思ってたら山本さんが…鋭いカッテイングで入ってきて動きも激しくて、うわー、こ、これはちょっとやばいなーとちょっとどきまぎしてしまって、やっぱりダメだーと思ってそこから山本さんを見てしまった(汗)今日は山本さんの足元も見えたんだけど細かくペダルを踏んでいたり、あと手のひらを弦に押しつけて動かしていたり、指をパラパラとさせていたり、やっぱりROVOの山本さんはいちいちあれこれかっこいいなあ…かっこよく見えるから不思議です。
本編最後、CADO、最初ギター掻き鳴らす時も高速すぎて指がみえん!と思ったけど最後部分の時はちょっとバテ気味だったかなあ(笑)

今日も何回か別世界にいるような感覚にさせてもらった。もうひたすらぼーっとなって気持ちいい。
曲はNUOU中心だった。このアルバムが出て最初にやった時と同じ順番にあえてやったと言っていた。このアルバムの世界のライブをやりきる?という感じかな。それでもこちらはちょっぴり変わった感じのも聞きたかったかなと思う。やっぱり新作の曲は最近聞いているから。
ライブが終わった後に友達に感想聞いたら良かったけど疲れたーって。たしかに終わって時計見たら11時前だった。良かったんだけどもうちょい盛り上がりたかったと思うのはそういう疲れもあるのか?
あと今日はお客さんが大人だった。ドーンと突進してくる人もいなかったし、しゃべりまくってる団体もいなかったし快適だった。だだちょっとあの盛り上がる時の歓声がいつもより小さかったかな。

山本さんにはもっと壊れてほしい。いつかのライジングで最後めちゃくちゃに壊れてて、それを何かのインタビューで突っ込まれてて「ROVOではああいう風になったらあかんのです。きっちり弾かないと」みたいな事を言ってたけど、やっぱり壊れる山本さんが見たいと思うのは自分だけ?

また5月にはいつもの場所でやるかも!あー!今から楽しみだ!

帰りに軽く食べて帰ろうと思ったけれどさすがに11時過ぎにファーストフード店てか見つけられずに断念。しょうがない、帰りますかと帰る。久しぶりにゆっくり飲みたかったりしたけれどなんか皆疲れてた(汗)
山本さんバテ気味とか書いたけど自分も昔みたいには踊れない…歳かな…。