植草甚一「植草甚一コラージュ日記?東京1976」

 「植草甚一スクラップブック」に付けられていた月報の日記、東京編をまとめたもの。本棚からひっぱりだして読む。植草さん自身の手書きの文字を読むのが楽しい。使われたペンによってのタッチの差や、コラージュも楽しい。どこそこへ行って何冊買ったとか、原稿を何ペラ書いたとか、そういう日常が淡々とかかれているんだけどやっぱり植草さん!の文章である。70年代・・・・なんとなく街がすきっとしてそうな気持ちよさがありそうだな。ネットも携帯もない時代。編集者は原稿を取りにくるし、原稿を渡すにさいして奥さんにゼロックス(コピー)を頼んでいる。
 それから出てくる随分たくさんの古書店が今はもうないんだな〜とか思いながら読んだりした。

植草甚一コラージュ日記〈1〉東京1976

植草甚一コラージュ日記〈1〉東京1976