桜庭一樹「書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記」

ああ、読み終わってしまった、残念だ。ここに出てくる本でわあ〜これ読みたいなあと思った本が載ってるページに付箋を貼ってたんだけどえらいことになってしまった。
正直、桜庭さんの小説は「私の男」しか読んでないんだけど・・・・・ますます桜庭さんが好きだ。よし、これから色々読んでみようと思う。小説を書くことに対しての真摯な姿がかっこいいなと思う。

自分は権力者でもスポットライトでもなく、南に棲む本を読む人たちのために書いてるだけだとやっぱり思います。これからも、一日、草を食む獣のように、淡々と、活字と生きていこう。


書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記

書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記