GRAPEVINE Tour 2008 @なんばHatch

 本日は大阪在住の妹と見に行く。開場前、エスカレーターで登ってくるお客さんを見ていると他の会場ではないくらい男の人が登ってくる。4人にひとりくらい?土曜日というのもあるかもしれない。嬉しいと思いつつ男の人が多いと見え辛いからな〜と思う。

 開場して、なんばHatchってこんなにステージ高いんだ、けっこう横に広いんだなとか思う。で、またいつもの定位置あたりで見ることができた(嬉)よーく考えたら同じ場所で誰かと開演を待つのってこのツアーなかったかも。やっぱり話してると待ち時間もはやいなあ・・・・。きっとひとりだったら、ああ今日でこのツアー見れるのも最後だなとか色々思うんだろうな・・・・。それでもライブが始まるとやっぱり緊張していた。

 1曲目のSing、やはり西川さんはすっとかがんで足元の機材をいじっている。でも残念なことに今日はその様子があまり見えなかったので(残念)諦めて田中君を見ていた。

 昨夜のライブ、序盤で色々と西川さんがやってくれたのでそれに比べたら今日は落ち着いていた。冥王星も昨日みたいにやるかな〜と思ったらやらなかったし(笑)それでも本日のお召し物、水玉シャツはやっぱりかっこよく見える。そして片方の眉をくっとあげる表情、あれがまたかっこいい。水玉プラス眉、リキッドと同じで興奮してしまう(笑)

 今日は田中君のギターの音がはっきり聞こえて、いつも西川さんのギターの音ばかりを追いかけてしまうんだけど、今日は二人の音の交わりあいとかが聞こえてきてそれはこのツアーではじめてだなと思った。それがとてもいい感じだったり、うわーここかっこいいなあ〜とか、ああ田中君はこここういう音を出してるんだとかいまさら気づいたりして。

 そして田中君の声がいやに生々しく聞こえた。スピーカーのそばにいたからかなと思ったけれどそれはまあいつもそんな場所で聞いてるのだし・・・・と思う。でもやっぱりいつもの違うかなと思ったのは中盤以降?やたらと低音が大きく聞こえたり音がハウったりするのであんまり音響の具合がよくないのかーと気づく。何回か西川さんがハウるのを避けて場所を移動したり・・・・。やっぱりそれは残念だなと思った。

 本日は棘に毒のかわりに「想うということ」やはりあの頃のツアーを思い出したりしてしまう。ちょっときゅんとなるな・・・・。そうして濃い中盤に入っていったんだけどまたもじーっと演奏を見入りつつ気持ちはどこかに運ばれていたような。なんか今までのツアー中一番気持ちが入り込んでたツアーだったかもしれないななんて思う。そして今回のアルバム曲が本当に好きなんだな〜と思う。

 今日一番印象に残ったのはやっぱり「Two」の最後の西川さんの演奏だった。何だろうあの音!死ぬかと思いました(笑)そして後ろのスピーカーと、前のモニターの間に斜めに立ち、ひざをかがめたりしての激しい演奏!本当に凄かったー。 しかしライブ後に興奮気味にこの部分を妹に話したらあんまり覚えてないなどと言うではないですか!まったく!自分の妹ながら信じられない!

 田中君、今日は「たこ焼き野郎ども」と言っていた。自分も「たこやき野郎」と言ってたな。あと今日は客を年寄り扱いしてました(笑)

 アンコール1曲目は「公園まで」このツアーではじめてだったので嬉しかった。そして最後の「R&Rニアラズ 」で西川さんがするりと前に出てくるもまたも音がハウったので西川さんヨロヨロッと横に移動。その歩き方がまたなんとも言えず可笑しくてツボだった。

 なんだかんだ言っても始終西川さんを見てばかりのミーハー視点の自分だったんだけど、やっぱりバンドが凄いバンドになったんだなーとあらためて今回のツアーを見て思った。揺るぎないような力強さを感じたし、それでいてツアーが進むにつれてまた変わった、あ、ここもこうきたのか〜とか発見するところもあり、やっぱりツアー何箇所か行くのはこういう楽しみがあるからなんだよな。そして今日見て思ったんだけど、まだまだ変わりそう。広島、JCB、沖縄ではどんな演奏をするんだろう。つくづく今日で見納めなのが残念。

 満足感に浸りながらビールを一気飲みしたら一気に酔っ払ってしまった。酔っ払いながら妹宅まで帰る。