GRAPEVINE@ZEPP仙台

ああ〜終わってしまった、楽しみにしていた二日間がっ!

また開場前に激しい雨が…雨を避けてバス乗り場にいたら20分くらい前になったらあがったので助かりました。
昨夜の新潟とかわり仙台はノリのいいお客さんがいてメンバー登場と同時に名前が叫ばれてて可笑しかった。「アニキィー!」と叫んでた男の人は前もいたような気がする(笑)
昨夜と同じくSing始まりだったが、曲が始まって自分のパートまで西川さん、目を閉じて手を胸にあててじーっとしていたのが印象的だった。やっぱりスライドギターが素敵すぎる。
そこからCOREだったけどライブ中盤くらいまで西川さんがソロを弾くたびにやんややんやの歓声でもう、なんか、可笑しくてにやにやしてしまう。いや、ましでかっこいいんだけどね(笑)
本日のお召物は8月に見た紺地の水玉シャツ。これやっぱり可愛いよなー可愛いうえにやっぱりかっこよく見えるよ。
本編で棘に毒のかわりに何か変わった気がする。ああ…まったくのうろ覚えです。流れは昨日の新潟と同じかんじだった。これが10日の東京ではまたがらりと変えてきたりしてなあ…。 今日、ふと思ったんだけど田中君があまりはしゃいでない気がする。このアルバムの雰囲気からそうなってるのかどうか。MCもそんなにないし、ご当地物をいれたりしないし、(ハレルヤは憧れのワイハのままだった) アルバムの話はしたけどPV集の話はまったくしないなあなんて思った。後半はもっと弾ければいいのに。
今日は何の曲だっけ?金戸さんが熱くなってる曲があってベースを弾き続けててほぼ終わり〜状態だった西川さんは、ん?まだやるの?と気付いてニヤリとしてまた演奏してた。

それにしてもやっぱりあの中盤はいいなあ…。凄い好きだ!しっかり目の前の演奏を見てて、それに魅了されてるのに、頭のなかはまったく違う曲の風景の中にあったりして。またしてもぼーっと立ち尽くしてた気がする。

とにかく、もう、西川さんはかっこよい、そしてズルイ。何気なくかっこよく、だけどかっこいいって分かってて弾いてるじゃん!何、あのステージ中央の前に出てきた時のどうどうっぷりは!

本編が終わってアンコールの拍手の中、田中君にセミアコギターが用意されている!なんか昔の曲でもやってくれるのかなー?と思ったら、
望みの彼方だった。

いやあ…もう…やばかったなあ…やばすぎました、固まりました。
固まりながら、やっぱり西川曲いいっ!とか思い、無理でもなんでも西川さん曲作ってよとか思う。

演奏が終わったらスタスタと帰ってしまう西川さんが憎らしいです。あ〜あ、もう後半戦が二回終わってしまった。自分が見れるの後3回なんてっ!