水晶の船・山本精一・メイソン・ジョーンズ @ 高円寺無力無善寺

山本さん高円寺2DAYS二日目。 無力無善寺は中央線高架下?の小さいハコなので30人も人がいたのかどうか…そして店内も独特のムード、初めて来た時は驚いたけど今日はなんだかちょっとくつろいだ気分になった。
開演がだいぶん遅れてマスターがもし何かやりたいひとがいたら前でやってもいいですよ、などと言う。僕がやったらセックスの話になっちゃうから、と言ってヒャッヒャッと笑う。ちょっとだけマスターの話を聞いてみたかったなと思った。
最初は水晶の船。ベースの人いなかったっけ?と思ったら途中で入ってきてセッティングされていた。
水晶の船かっこよかったなあー!前回初めて聞いたときはちょっとわからなかったけど、今日は凄くいいなと思った。サイケ?な中に何か昭和っぽさがあってそこがとても…。女性の方のギターの音がすぐそばで弾いてるのに遠いところから響いてくるように聞こえる。CDを買ってくればよかったと今、後悔をしている。
そして次が山本さんだった。え?!と思ったけどなんと歌ものだった。長めにフレーズを弾いておもむろに歌いだした。今日はギターがエコーと言うかリバーブと言うかワンワンと響かせていて歌詞があまり聞き取れない感じだった。水晶の船が対バンだからかな?とかちょっと思った。知ってる曲は2曲くらい。後は自分は知らない曲だった。オリジナルだろうか、カバーだろうか?気になる。凄くすーっと気持ち良かったので。
後半、ちょっと迷いみたいな部分もあり、ボーカルがささやきみたいに心元なかったり、やりながら探ってるのかなと思った。でも全部わざとかもしれないけど。途中でなぜか死の事を思う。

そして最後がメイソンさんだった。昨日も思ったけどやはり弾き方がとても細かくて繊細。なのに轟音だったりする。気持ち良くなってそのまま眠ってしまいたくなる。でも眠ったら失礼だろうと思って必死に目を見開いていた。やっぱり雪が降ってくる映像が頭の中に。
終わった後はフーっと力が抜けてなかなか立ち上がれなかった。