八月の空へ翔べ

 気がついたら8月だった。あっという間に8月だ。またあの蒸し暑さが戻ってきてパソコンのご機嫌もよろしくない。
 今日はお店が混んだ、やっぱり夏休みだからか親子連れが多い。ああ〜はやく学校が始まらないだろうか・・・いつもこの時期学校の偉大さを知る。帰りの道も何故か車だらけ・・・・・人間の多さにちょっとうんざりしてしまう。誰もいない所に引きこもりたいなあなんてまた思ってしまう。

 家に帰ってきてから青山陽一さんのライブの予約を申し込もうとしたらもうソウルドアウトだった。秋にせっかく長野に来てくれるのに行けないので東京のライブに行こうと思ってたんだけどな・・・・。秋から冬にむけて青山さんとか豊田さんとかのライブがみたいなあと思う。

 豊田道倫さんの日記が好きでいつも読んでるけれど「僕はひとの表現には興味あるが、表現をやっているひとは苦手だ。」と書いてあった。それから「黙々と工場や倉庫で働いてるひとの方が好きだし、セクシーだ。」と書いてあった。なんだか少しうなずいてしまった。表現する人は表現することを決められているんだろうとちょっと思う。それはその人じゃなければ出来ないことだけれど世の中にはそうしない人もいっぱいいる。そうしないで生きている人のほうが多い。表現する人ばかりにあこがれている自分はちょっとどうなのかと思ってしまった。表現されたものだけを見つめていればいいんじゃないのか?

 昔のCDばかりをしまってある棚をがさごそとやってみた。懐かしいNSPが出てきた。「八月の空へ翔べ」アナログ盤も持っていて懐かしくなってCDを買ったんだった。こうしてまた聞いてみるとちょっと歌謡曲チックだったりする。やばいなあ〜幼い自分の恥ずかしい思い出が・・・・・(汗)天野君は亡くなってしまった。再結成の時見に行けばよかった。