川上弘美「古道具中野商店」

 ちょっと前に読んだ。この間文庫本になって思わず買ってしまって読んだ。そうしたら案の定読んでない本山の中にある単行本を発見しました(汗)

 ちょっと最初の「角型2号」に出てくる田所と言う男のなんとも言いようのない気持ち悪さにぞくりとする。それでひきつけられて一気に読んだ。古道具屋の主人の中野さんの駄目男ぶりやら、その姉のマサヨさんの艶かしさやら、何考えてるんだか分からないタケオとか、そこら辺にいそうな人々ばかり。そしてちょっとのんびりした時間の流れがとてもよい。でもずっとずっとおなじではいられないだな・・・・って分からせてくれたりする。

 

人間は、こわい。タケオはゆっくりと言った。

この部分を読んだ時に本当そうだと思った。いつもどこかで思ってる不安感。

古道具 中野商店 (新潮文庫)

古道具 中野商店 (新潮文庫)