ジム・フジーリ 村上春樹訳「ペット・サウンズ」

「ペット・サウンズ」というアルバムは自分にとってとらえどころのないアルバムだ。捕まえようとしても捕まえきれない。だからというのかずっと聞き続けててもあきることがない。ブライアンウイルソンのことはなんとなくは知っていたけれどこの本を読むことによってもう少し詳しく知ることになった。しかしなったけれどそれはまだまだうわべのものでしかないような気がする。
 これはジム・フジーリさんにとっての「ペット・サウンズ」だ。そして自分にとっての「ペット・サウンズ」はまた全然別のものだろう・・・・。まだまだ捕まえることができないでいる。

 あの時間の中での列車の音や、犬の吼える声、それを何回も何回もいったいどれだけ聞いただろう。

ペット・サウンズ (新潮クレスト・ブックス)

ペット・サウンズ (新潮クレスト・ブックス)